2013年02月14日

買うべきか売るべきか?

「狙いの定まらない大砲が、いろいろなところで迷走している」

この言葉はいったい何について言及している言葉か?

ピンとくる人は察しがいい。
おまけに大局を見る目がある。

文頭の言葉は、海外某メディアがアベノミクスに対して揶揄したものである。

アベノミクスという言葉は、メディアを独り歩きし円安になった、株価が上がった、インフレになるなどいろいろ言われているが、政策が成果を上げているようなことはない。

今回の株高はアベノミクスの結果ではないし、円安の流れができたことによって外国人投資家が少し日本株のポジションを増やしているに過ぎない。

それで一時的に株価が上昇しているが、それほど長期的な上昇トレンドにはならないだろう。
外国人投資家の売買動向をたまにチェックして、売りが優勢に転じたらポジションを減らしておくのが無難だろう。

posted by ジオ at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月08日

一休、VIP限定のクラブフロア

株主優待は実施していないが、東証一部上場している一休さんについて一言。

ホテルを予約する際はほぼ一休を利用しているが、なかでもよく利用するのがいわゆるクラブフロアである。
エグゼクティブフロアとか、ホテルの名前プラス、〜フロアとつくところなどいろいろな呼び方をされる。

要は、ホテル宿泊者の一部の人だけが利用できるスペシャルルームである。
コンシェルジュが常時待機し、ドリンクや軽食を自由に取ることができる。

ドリンクや軽食のレベルはホテルによってさまざまである。
どこでもある一定のレベルはあるが、クラブフロアにはそのホテルの特色やカラーがあらわれている。

クラブフロアのあるホテルであれば、ぜひクラブフロアのプランに宿泊してのんびりとホテルステイするのもいいだろう。

さて、話は戻すと、一休でホテルを何度か予約すると、メールでVIP限定プランというものが送られてくることがある。
管理人は、VIP限定でクラブフロアのプランがあると、結構予約を取る。

そうすると、志向を分析してマーケティングを仕掛けているのか、クラブフロアプランのあるメールが多く送られてくる様な気がする。
自分が興味あるものに反応しているだけなのか、利用状況に合わせてメールを送っているのかわからないが、VIP限定というだけあって他の宿泊サイトや通常の一休のプランと比較しても結構安くなっている。

ほんと、一休さんのおかげで好いひと休みができている、ありがとうございます。感謝。

posted by ジオ at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毎月9日はクイックペイの日

明日は9日。

そして、毎月9日はクイックペイの日。

キャンペーンの内容は、100人に1人の割合で利用金額がキャッシュバックされる。
ただ、クイックペイを利用するだけで1%分の利回りが期待できる。

管理人はクレジット・電子マネー派なのでできるだけ現金を使わない。

理由は、支払いの時間が節約出来ることと小銭の重みを気にしなくて済むからである。

なので、普段はオートチャージ付のパスモと、iD・クイックペイが1枚にまとめられているカードを使っている。
コンビニなどでiD・クイックペイに対応しているお店の場合は、単純に言いやすいのでiDで支払っている。

でも、今回からはクイックペイのキャンペーンがあることを知ったので、9日はクイックペイで支払うことにする。
皆さんも投資をするのであれば、こういった小さなことからコツコツと積み重ねてはいかがでしょう。

大事の前の小事とうことで。

ラベル:クイックペイ ID
posted by ジオ at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

円安の先に

米ドル円の為替相場が90円を超え、今日現在92円。

アベノミクスによる金融緩和政策で数ヶ月前から10円以上円安に動いている。
果たして、円安は日本経済にとってプラスなのかマイナスなのか?

答えはどちらともいえない。

まず、日本の貿易は輸出入の割合がバランスが取れている。
なので、円安になれば輸出業の利益が改善するが、輸入業にとってはコストが高くなり商品に価格転嫁できない限り利益が悪化する。

なので全体としてはプラマイゼロになるということが、基本的にはいえる。

だが、あまり極端な円安に傾くと、大問題になる可能性もある。
たとえば、日本の財政状況は借金漬けで相当危機的な状況にある。

そこに、円安により貿易赤字が拡大すれば、一気に日本の信用が落ち、国債が売られ大暴落ということにもなりかねない。
そうしたらハイパーインフレになり日本円は紙くずの如しというわけだ。

そうならなくても、基本的に景気は回復せずに悪化し、物価は上がりスタグフレーションになる。
そうしたら国民の暮らしはひどくなる。

先日のニュースでは国民の平均給与が32万円程度という発表があった。
このまま下がり続け給与は20万円台、物価は数十パーセントアップなんてことになったら、どうなるんでしょう?

posted by ジオ at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月02日

含み益でも

日経平均もいつのまにか、11000円を円を越えてきた。ちょっと前から保有していた人であれば含み益もできてウハウハでしょう。

だがここから、本格的に上昇していくかといえば疑問である。

一言でいえば、アベノミクスで日本経済が回復する見込みがないからだ。

ただ円安で外国人が日本買いしやすいのも事実だし、個人投資家が熱を帯びてるのも事実。
posted by ジオ at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。