2010年08月25日

総医研の株主優待変更から考える

総医研ホールディングスが、株主優待変更。
今まで年2回だった株主優待が年1回へ変更。

業績悪化によるものだ。

総医研ホールディングスの株は一時的に保有して株主優待も2回だけもらったことがある。

ただ、株主優待としてあまり魅力がなかったし、業績が悪かったけどタイミングよく仕込めて利益も出たので売却済みだ。

総医研ホールディングスは、赤字が続いているので本来ならば株主優待なんて出している場合ではないと思う。
他にも、赤字続きなのに株主優待を出しているところがあるが、おかしなことだと思う。

本業あっての株主優待なのに、業績が悪化してつぶれてしまっては元も子もない。
赤字続きなのに株主優待を出し続ける経営陣は少し異常なのではないか。
この記事へのコメント
株主優待がなければ、赤字の会社の株なんて持てない・・・。
Posted by ゼンパイ at 2010年08月27日 10:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160505445
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。