2010年09月12日

日本振興銀行の波紋

日本振興銀行の破綻によって何が起こるのか?
97パーセントの預金はペイオフによって保護される。

とりあえず、9/10の時点で日本振興銀行に関する情報開示を行っている企業をピックアップする。

シノケングループ
カーチスホールディングス
ラ・パルレ
マルマン
NISグループ
中小企業信用機構

いずれの企業も出資していたか、融資を受けていた。
出資をしていた企業は、評価損を計上。
融資を受けていた企業は、即座に全額返済を求められることはないと発表。

日本振興銀行は、迂回融資や事実上の粉飾決算など問題だらけの銀行である。
今後、この問題が他の企業などへも飛び火して広がっていくのか注意しておかなければいけない。
posted by ジオ at 05:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。