2010年08月15日

株主優待を得るための指標

投資における重要なポイントは、銘柄選びとタイミングです。
実にシンプルです。
だからこそ、奥が深いのです。

投資の世界は、煩雑な情報であふれています。
シンプルなポイントにだけ焦点を合わせれば、種種雑多の情報に惑わせられることなく資産を運用できます。

ですので、当ブログでの銘柄選びは、利回り・業績・財務だけに絞っています。
指標は、経常利益率・株主持分比率・流動比率の3指標だけをチェックしています。
他にも指標はたくさんあります。
ですが、指標の役目は、あくまでも会社の状態をざっくり知る程度。
細かく知ったところでたいした成果は得られません。

優待配当利回りは、投稿時点の数値なので変動に注意。
利回りは、人気・業績・安全性で決まる傾向がある
極端に高い利回りであれば、人気・業績・安全性すべてが悪い可能性が高い。
逆に低い利回りであれば、人気・業績・安全性がすべて良い可能性が高い。

経常利益率は、今期末の予想数値を掲載
企業は利益がなければ存続できませんので、この数値は重要です。
他社と比較すれば、営業力や市場シェア、安定性などを分析することができる。

株主持分比率と流動比率は、企業の安全性を見る数値。
株は倒産したら無価値になるので、注視する。
株主持分比率の目安は50パーセント以上が健全とされる
流動比率は、120パーセント以上が健全とされる
ただ、この数値は業界や企業の姿勢によってかなり左右される。
当面の倒産リスクがあるかどうかを、チェックできれば良い

株主優待投資をするのであれば、このような指標を見ればある程度の安全性が分かる。
銘柄選びは、サルがダーツを投げて当たった銘柄を買っても、プロが厳選した銘柄を選んでもあまりリターンは変わらないというからリスクだけを考慮して選べば十分ではないかと思う。

投資で一番難しいのは、タイミング。
重要なニュースや指標はあるが、複雑系で動いているので判断が難しい。
しいて言えるのは、エコノミストのいい加減な情報に耳を貸さないことと、タイミングとポジションの分散をすること

そうすれば、株主優待投資で高い利回りを得られるかもしれない。

みなさんの応援!に感謝し、幸運を祈っております。
ラベル:投資 株主優待
posted by ジオ at 08:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 株主優待おすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お初になります。 記事を読ませて頂きかなりの参考になります。2年程前からオリエンタルランドの株が急に欲しくなったものの、(幾ら用意すれば良いのか?)(何株持てば大体の利益が出るのか?) (いつ買えるのか?)全くの初心者に御指導御鞭撻の程を御願い致します。

Posted by miyabinogiisama at 2011年08月19日 21:21
コメントありがとうございます。
今度記事のほうで書いてみます。
Posted by ジオ at 2011年09月01日 19:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。