2010年10月11日

薪能に行って

株式会社ハザマの応募で当たった明治神宮の薪能に行ってきた。

応募するときはそんなに倍率が高くないと思っていたが、挨拶で言っていたが意外なほど高い倍率だった。。
なんと応募倍率16倍だった。

前回の記事では、出せば当たるぐらいに思っていたけど、そうでもなかったみたいだ。

会場前の整列のときには、青と白のプレートで二手に分かれてならんだ。
私は白だった。
おそらく応募であたった人は白なのだと思う。

青の人たちは、関係者か株主だろうか?
株主といっても、株価はかなり低調。
こんなイベントやっている場合か! という状態だ。

演目は、
素謡 「神歌(かみうた)」   金剛龍謹/金剛流
狂言 「三本柱(さんぼんのはしら)」   野村万作/和泉流
能 「内外詣(うちともうで)」   金剛永謹/金剛流

日本の伝統芸というよりは、時代遅れも甚だしい。
伝統とは裏を返せば、変化を拒み全くイノベーションを起こさないということ。

面白いならいいが、私には全く面白くなかった。
太鼓たたいて「よおーっ」といってるだけで30分ぐらいやっていただろうか・・・。

もちろん面白いと思う人や、評価をする人がいるのならいいと思う。
それに、1つの演目を見ただけで全体を判断することはできない。

私のような青二才には、まだまだ理解できない世界なのかもしれないが、周りに座っていた年配の方も結構グチグチ行っていたし、本当に楽しんでいた人がいたようには見えなかった。

なにか、公務員のお役所仕事を、長い時間見ていたような気がする。

だが、夜の明治神宮での薪は絶景だ。
参道や本殿にともる薪は、幻想的な雰囲気を漂わす。
明治神宮といえば、パワースポットとして有名。
そこが、薪で照らされて、パワーを増した明治神宮は最高のパワースポットだったかもしれない。
posted by ジオ at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/165398886
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。