2011年07月07日

ポートフォリオの最下位争い

以前書いた記事の中で、ビックカメラが一番マイナスの銘柄だということを書いた。
ところが、最近はエコ家電などの需要により営業利益は過去最高を更新している。
株価もだいぶ戻ってきている。

私は、税金調整のために、何度か売買を繰り返し取得単価をかなり下げていたので、ビックカメラも今ではプラスの銘柄になっている。

そこで、ポートフォリオの一番下を見てみると、そこにどっしり居座っているのが、SBIホールディングスだ。
増資の影響が大きかったのだろう。
以前、プラスにならない増資はしないようなことを言っていたが、どうなのやら。

まあ、でも積極的に海外に投資をしている。
不安要素も多いが、やはりそういうときに投資をしているところが、後で実を摘むことができるだろう。

ちょこっとしかもっていないし、どっちに転んでもたいしたことではない。
こうして、自分のポートフォリオの下位争いを見ていたり、上位の状況を見るのも意外と投資の楽しみだったりもする。
posted by ジオ at 03:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。