2011年07月21日

東京電力の株価が上昇している

久しぶりに東京電力株価を見てみたら、今のところ579円の値をつけている。
値上がり率ランキングでも、トップの上昇率だ。

一時は年初来高値2197円をつけて、
震災後148円まで下げていた。

個人的に、東京電力は、一切の税金を投入せずに一度つぶしてしまったほうが良いと思っている。
東京電力は、過去に数々の偽造や情報隠しをしている。
いくら社会的に重要な企業とはいえ、ミスをまったくなくすことはできないだろう。
しかし、ミスをごまかそうとすることは絶対にやってはいけない。

ところが、東京電力は福島原発の事故で、今回も数々のミスをおかし、それをごまかそうとしていた。
つまり、地震が起きようが起きまいが、東京電力は組織としてすでに機能しておらず、社会的責任のある仕事を任せられる企業ではなかったということだ。

別のマネジメントされた企業が原発を運営していれば、今回のような事故は防げていただろう。
仮に何かしらの事故があったとしても、最小限にとどめる方法を考えそのために必要なことをしただろう。
少なくとも、計画停電のような愚策で、日本経済を落とし入れるようなことをすることはない。
しかも、国も計画停電を了承し、さらに税金まで投入しようとしているのだから、どうしようもない。

去年、メキシコ湾で起きた原油流出事故のとき、アメリカは国民のお金を投入することはなかった。
日本は、国民を守るよりも、企業や一部の人間のためだけに簡単に財布の紐を緩める。

日本にも東京電力にも、被害を最小限にとどめようとする姿勢も考えもない。
何かあれば、税金を使えばよいと思っている。
そんな考えだから、日に日につけは膨れ上がっていく。

だけど、市場の原理はそんなことお構いなし、税金で企業が助けられるとわかれば、お金は流れていく。
結局、今回の事故は教訓にされるのではなく、次の更なる大きな事故への布石にされてしまうのではないだろうか。
posted by ジオ at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/215919982
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。