2012年02月15日

前年同期比の傾向

久しぶりに、ポートフォリオIR情報を見てみた。
まとめてニュースを見ていると、ある程度の傾向が見えてくる。

衣料品や飲食店などのサービス業などの前年同期比の月次データを見ると、ほとんどの企業が前期より増えている。

衣食にお金を使うようになったのは、国民の心理状態が改善されてきている兆候かもしれない。
まあ、だからといって株価が上がるかといえば、なんとも言えない。

基本的に、外国人投資家の動きによって左右されるので、5月ぐらいまで上昇していき年後半にはまた落ちるというパターンを繰り返すのではないだろうか?

私の投資スタンスは、基本的に優待銘柄の長期保有が大半を占めているので、頻繁に売買することはない。
時々、流れのポイントを見て、調整する程度なので、気楽な投資だ。

posted by ジオ at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。