2013年08月11日

消費税の増税によって

消費税は果たして4月に上がるのか? それとも先送り腰砕けとなるのか?

それによって今後の株価や日本の国債に大きく影響してくる。

単純に考えると、消費税増税は景気の足かせに思えるかもしれないが、増税するよりはしないほうが株価下落のリスクが大きいかもしれない。
というのは、政府が消費税を上げると約束したのにそれを反故にしたら、信用を失うことになる。
また、消費税を増税しなければ財政問題に対しても日本がきちんと取り組んでいかなければ、海外の投資家からも完全に見放されることになる。

安易に票だけ気にして、やるべきことを何もやらなければ世界における日本の信用もがた落ちである。

ほんと、1000兆以上もの借金を作った自民党もしょうもないとしか言いようがないが、ほんとにこれは誰がどうやったら解決できるのだろう?

posted by ジオ at 04:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。