2008年05月24日

投資開始

2008年
30歳になって人生で初の投資に挑戦。
去年からいくつか投資本を読みあさっていた。
そして、2008年に入りサブプライムローンの影響で(本当にサブプライムの影響かは?だが)日本株は暴落した。
絶好のチャンスと見ていくつかの株を購入。

100万を目安に買うつもりだったが、実際には少しオーバーしている。
1月から買い始めて、現在は5月後半。
いくつか円高の影響を受ける株を売却して、総投資額は100万とちょっとになっている。
そのうちの約8割が株主優待を実施している銘柄だ。

日本株は今後大きな成長は見込めない。
理由としては、グローバル化の波に乗り切れていないことや、IT化があまり進んでいないこと。政府や官僚のレベルの低いことと、おかしな規制が多いこと、あと人口減少などもそうだ。

そんな中で投資の素人が運用していくには株価が下がっている時に、配当・優待利回りが良くファンダメンタル分析をして悪くなさそうなところを買っておくことだと思う。
本当は世界中を見回してみて、有望なところを探し出し投資をしてみたいのだが、資金や知識の面であまりにも未熟なので手が出せない。

この異常な低金利の日本の中で、日本株式で株主優待銘柄を中心に投資をしていき、日々勉強していきながら銀行金利の数倍のリターンを得ることを目標に挑戦していきたいと思う。
posted by ジオ at 23:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 株主優待ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
輸出株はやっと下がったか。
5ヶ月も前に輸出関連は売り払った。
でも、なかなか下がらない思っていた。
例外的に、長期的に優待目当てでフェニックス電機だけ一株持っているが。

輸出関連はこれから3〜5年ぐらいは厳しいかも。

サブプライムみたいな詐欺商法がここまで大きくなるのか。
無茶をすると、結局後で歪みが大きくなり許容量をオーバーする。
ジワジワ株価にも影響し、悲観と楽観の思惑がしばらく展開し、最後にズトーンと下がる。
最後のズトーンの時だけ、株を買うようにしよう。
Posted by at 2008年10月11日 00:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。