2008年06月05日

株主優待のデメリット

株主優待デメリットは、株主優待によって株価が吊り上げられているため、実際の企業価値よりも高く購入してしまうことだろう。
株価が全体的に下がっている状況では、株主優待が無くなったとしてもそれほどリスクの無い銘柄が多い。
しかし基本的には、高く買ってしまい株価の下落により損するということがあり得る。

株価の基本的価値を見る一つの方法に理論株価というものがある。
決して正確な数値が割り出せるわけではないが、ある程度の目安にはなる。

この数値を利用して株主優待銘柄と、非株主優待銘柄を比較してみると株主優待銘柄が割高になることが多い。
株主優待によって人気が集まり、理論株価よりも高い株価がついている銘柄が数多くあるのだ。
将来それほど有望とは思えない銘柄で、しかも株価が低迷している状況でも理論株価よりも高いということは値下がりや倒産のリスクも通常より高いということが言えるだろう。

posted by ジオ at 05:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待人気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

株主優待のメリット

株主優待をもらうメリットは単純に、プラスアルファの運用が出来るということだ。
株式を保有することによって通常得られる利益は、インカムゲインキャピタルゲイン
要するに、配当金と値上がり益のこと。
この2つがもらえるだけでも株式市場というのは魅力的なものだ。
もちろん配当金が無くなったり、キャピタルロスすることもあるが。

株主優待株を上手く選んでいけば、今の地合だと5〜10パーセントぐらいの運用は十分可能だ。
ある程度のファンダメンタル分析や、理論株価などを取り入れてスクリーニングしていれば、放っておいてもいいかもしれない。
大きなニュースや事件が無ければ、長期ホールドほったらかしで銀行利回りより良い成績が出せるだろう。

それに、いろんな商品や優待券が届くのも楽しみの一つ。
株主優待銘柄を保有する本当の理由はこれが大きいのかもしれない。

posted by ジオ at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待人気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

ジーンズメイト優待到着!

ジーンズメイト株主優待券が届きました。
100株だけ買ったので3000円分です。
携帯クーポンが届いたらそれと合わせてジーンズか何かを買おう。
株主ご優待券ご利用上の注意2番に特別割引優待券との併用も出来ると書いてある。
たぶん携帯クーポンもオッケーでしょ!違うかな?
Image007.jpg
実は、ジーンズメイトの株は買ってすぐに売ってしまったのですが・・・。
もうひと下がりしたら買い戻したい。
posted by ジオ at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待人気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。