2009年11月30日

ブックオフのホームレス

ちょっとブックオフに寄ったら、大きな袋を抱えたホームレスの人が入ってきた。
何だろう? と思っていたら、拾った本を売りにきてたんだ。

そういえば、ちょっと前は路上で雑誌を売っていた光景を良く見たが、最近では見かけなくなっていた。
何かしらの規制で売れなくなったのだろうか?

まあ、その代わりにブックオフに本を売りに来たのだろう。
でも、直接売るよりも、ブックオフに売ると恐ろしいほど安く買い叩かれてしまう。

私も一度だけブックオフで本を売ったことがあったが、いい本で状態が良くてもクズ本と同じ値段だった。
それ以降、本を売るのはアマゾンマーケットプレイスにしている。
正直、ブックオフに売らずにアマゾンマーケットプレイスで売れば、年間数万円も変わってくる。

新しい本ならそれなりの値段で売れるし、いい本だと定価以上で売れるものもある。
ホームレスではネットにアクセスするのは難しいから、仕方がないだろう。

一生懸命拾って、いくらブックオフに持っていったところでいくらにもならないだろうから、かわいそうだ。
普通に生活していれば、同じような労力で自給800円以上はもらえるだろうに、本を拾っていても一日で800円行くかどうか?

これは、私たちにも言えることだ。
年収400万円の人の労力と、年収4000万円を稼ぐ労力どちらが大きいか?

単純に比べることはできないが、上司から文句を言われながら仕事のプレッシャーも抱え、責任をなすりつけられるなどして稼ぐ400万円と、時間を管理しレバレッジを掛け、ナレッジを活かして4000万円を稼ぐということもありうるだろう。

実際にそういうケースはちらほらとあることだ。
路上生活から、普通のバイトにあがるのはそれ程難しいことではないだろうし、400万円から4000万円へあがるのもそれ程難しいことではないのではないだろうか?
posted by ジオ at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

楽釜製麺所のうどん

三光マーケティングフーズの新業態、釜揚げうどん・楽釜製麺所に行って来た。
楽釜製麺所は、居酒屋事業を主とする三光マーケティングフーズが、若者のアルコール離れに対応してはじめた、非アルコール事業の飲食店である。

新宿西口に一号店をオープンし、朝7:30から夜11:00まで営業している。
場所は以前、かつどん屋だったと思う。
新宿駅から歩くと、ヨドバシカメラの先にある。

まだ、オープン間もないということもあって、お店の前では活気のある呼び込みがされていたので場所はすぐに分かる。
店舗に入り、写真を見て10種類のメニューの中から注文し、おにぎりや揚げ物などのトッピングを選びレジへ向かう。
セルフサービスなので、後は自分で運んで食べ終わったら片付けるというスタイルだ。

基本的には、はなまるうどんと同じような感じだ。
だが、味や値段を考えると、楽釜製麺所のほうが、数段上だ。
麺は打ち立てでコシがあり、食べ応え抜群。
揚げ物は、熱々でボリューム満点だった。

はなまるうどんと比較すると、麺ははなまるがスーパーの安売りうどん、楽釜製麺所がギフト用の手打ち面との差ぐらいある。
スーパーなどで麺を買うとしたら、100円対1000円ぐらいの開きがあってもおかしくない。

トッピングも、はなまるうどんのものはケチケチしたちっちゃなものだが、楽釜製麺所のトッピングは味とボリュームともに、満足のいくものだった。

はなまるうどんはかけうどんの小だけ105円で安いが、他のうどんは300円ぐらいする。
楽釜製麺所のうどんも300円程度なので、同じぐらいの値段なら断然楽釜製麺所のほうがいいだろう。

はじめ三光マーケティングフーズのIRを見て、セルフ方式のうどんをやるというのを見たときは、105円のはなまるに対抗できるのかと思って心配していたが、実際に行って食べてみたらそんな心配は吹っ飛んでしまう。

105円だけのかけうどん小を食べるだけならはなまるに行ってもいいが、それ以外のものを頼むならはなまるにはいかない、絶対に楽釜製麺所にいく。
早く楽釜製麺所の店舗を増やして行って欲しいと思う。

今日食べたばかりだが、またすぐに食べに行きたくなった。

posted by ジオ at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

FXのキャッシュバック情報

FXキャッシュバック情報。

DMM FXは初心者向け


DMM証券に口座を開設し、10万円以上の入金と200lot以上の取引で10000円のキャッシュバック。

さらに、取引lot数に応じて、DMMギフト券または、現金キャッシュバックが受けられる。
posted by ジオ at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXのキャッシュバックキャンペーン

FXキャッシュバック情報。

最強レートで世界と戦う!【サイバーエージェントFX】


サイバーエージェントFXで、全てのキャッシュバックを受けると、115,000円!
なかなか全部を受けるのは難しいが、家族紹介の5000円キャッシュバックと、30万円以上の入金プラス取引のキャッシュバックはぜひ受けたいところ。
posted by ジオ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フォーランドフォレックス

フォーランドフォレックス
FX最高水準スワップ、手数料0円



posted by ジオ at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

三光ランチ

三光マーケティングフーズ話題の500円ランチに、本日はじめて行ってきた。
11:35分に黄金の蔵に到着。
お店に入ってみると券売機がある。
券売機に人が集まり、店内からも活気のある声が聞こえた。
メニューは4種類あり、ALL500円! しかもご飯、味噌汁、卵のお代わりし放題!
1000円入れて2人分を購入する。

店内に入り食券を渡すと、お膳にメインのおかずを乗せてもらい、流れるようにご飯、味噌汁、卵、のりともらってすぐにテーブルに着く。
あらかじめ料理が準備され、すばやくサービスできる仕組みのようだ。
食べたら、おいしいので驚き、そしてこの値段でお代わりもできるというのに感動した。

そこで、はっとした。
そういえば株主優待券を持っていたのに、普通にお金で食券を買ってしまっていた。
混雑していたのと、金券を買うというシステムもあってつい、優待券があるのを忘れていた。
一応店員さんに聞いてみたら、対応してもらえた。
まだ、株主優待券はたくさんあまっているので、これからは頻繁に三光マーケティングフーズの500円ランチを利用したいと思う。

味も、値段も、ボリュームも満足しお店を出ようとしたときにはすでに満席になっていた。
12:00少し前。
券売機のところにもすでに行列ができている。

これだけの来客があり、スムーズな流れ作業で料理を提供できるのならば、利益の面でも十分いけるだろう。
他にも500円ランチをやっている飲食店はあるだろうが、三光マーケティングフーズのほうが一歩秀でてるように感じる。
素直に満足できるサービスに対してありがたいという気持ちが起こり、株主としても応援したいと思える企業だ。
株主総会に参加したときに社長が言っていたことが、そのまま実行されているのだ。
こういう企業は、どんな環境でもしっかりと生き抜いて行くのだろう。
posted by ジオ at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

ファウンテンズクラブ

ファウンテンズクラブという、ホテル日航東京の会員特典がある。
年会費3150円で、様々な特典が受けられる。

私は、ホテル日航東京をたびたび利用している。部屋やサービスが良く、それでいてネット予約サイトで格安に泊まれるからだ。

宿泊特典
1ファウンテンズクラブカードがルームキーになる。

2正規料金から25パーセント割引。

3アーリーチェックイン、レイトチェックアウトの利用。

4スイートルーム半額優待。

55回滞在でスイートルームへのアップグレード。

6スイートルームに泊まると朝食サービス。

7PAYテレビを無料で利用できる。

レストラン特典
1館内10店舗のレストラン、バー、ルームサービス等を10パーセント割引。

2キープボトル30パーセント割引。

SPA然 TOKYO特典
1SPA然 TOKYO利用料、宿泊中1050円。

2宿泊しなくても、SPA然 TOKYOをビジター料金5250円で利用。

3アロマテラピートリートメントご優待券

4SPA然 TOKYOオリジナルスキンケア商品を5パーセント割引優待。

バースデイ特典
1誕生日に正規宿泊料金から年齢分割り引く。

2レストラン利用時にシャンパンハーフボトルプレゼント。

その他特典
1東京湾大華火祭の宿泊プランに先行抽選できる。

2ホテル季刊誌TOKYO BALCONYを定期発行。

3婚礼を紹介でギフト券贈呈。

4フジテレビ天体展望室の割引と、ショップ5パーセント割引。

5ニッコーホテルズ、JALシティの割引特典。

それに上記には載っていないが、チェックインを専用カウンターで済ませることができる。
椅子に座りながら、おいしいハーブティーを飲んでゆったりとチェックインできるのは気分がいい。

私が入会する決め手になったのは、SPA然 TOKYOの利用が1050円で受けられる特典があるからだ。
これは、なんと同室に泊まった人にも適用される。
通常、宿泊者は3150円・・・だから二人で利用すれば4200円の割引になる。
SPA然 TOKYOをこのように一度使うだけでも、ファウンテンズクラブの入会金3150円は元が取れてしまうのだ。
平日に何度か利用したことがあるが、あまり混雑したことは無い。ゆったりとプールで泳げるし、屋外ジェットバスからの展望は目を見張るものだ。

それから、PAYテレビが無料で利用できるのもすばらしい。ちょっと高い気もするが通常は確か2100円したと思う。
見れる映画も20本ぐらいはあったかな。
ベットやソファーでゆったりくつろぎながら、大画面で見る映画も楽しい。

はっきり言って、株主優待よりも格段に上の待遇を受けることができる。
株主優待もいいものがたくさんあるが、ホテルなどのサービスでもお得な特典はあるものだ。
posted by ジオ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

キャッシュバックキャンペーンの大盤振る舞い

証券会社(FXと株)の口座を開設したり、クレジットカードを作るとキャッシュバックがもらえるキャンペーンがある。対象やタイミングによっては大盤振る舞いと思えるほど、すごい還元があったりする。

そこで、今までどのぐらいのキャッシュバックをもらっているのか調べてみた。
まず、細かいのを全部足したらキリが無いので、1,000円以上のキャッシュバックキャンペーンだけをピックアップする。
期間は記録と記憶に残っている範囲で2・3年間分ということに限定。

電卓でカチャカチャ数字を足していったら、もう少しで六桁というところまで金額が達していた。
ちなみに、私と妻の夫婦二人分の名義で証券やクレジットカードを持っている場合もあるのだが、それにしても結構な額になっているものだ。

10万円以上になっているとは・・・!
内訳はポイントなどの還元もあるが、現金と同様に使えるものばかりだ。

キャッシュバックをもらうためには、主に二つの方法がある。
一つは単純にキャンペーン期間に入会して、FXで入金の条件がある場合などは条件を満たす。
もう一つは、紹介キャンペーンにあわせてキャッシュバックをもらう方法。
要するに口座開設やクレジットカードを作り、紹介できる場合は紹介をする。
この方法を使えばいつの間にかキャッシュバック自然と貯まっていくということだ。

まず、FX証券でおススメなのが、上場会社の子会社が運営しているMJ!
キャッシュバックは最大で10,000円!!!

もう一つは、株式会EMCOM証券が運営する「みんなのFX」
こちらのキャッシュバックは最大で35.000円・・・

おまけに【サイバーエージェントFX】も、有名なサイバーエージェントが運営しているので安心感がある。
こちらも最大16.000円のキャッシュバックが得られる。

クレジットカードでは定番中の定番楽天カード
2,000円のキャッシュバックが受けられ、さらに楽天市場での買い物はポイントが2倍つく。

まだまだいくつもあるが、上記のサイトなどはとりあえず試す価値あり!
私も、どんどん優待生活プラス、キャッシュバックキャンペーン生活を楽しんでいきます。
なお、キャッシュバックキャンペーンの内容は時期により変化する場合がありますので、確認してから申し込みましょう。
キッチリもらえなきゃ損ですからね!
posted by ジオ at 04:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

プレミアム商品券の使い道

定額給付金が配布されたが、それとは別に各自治体でプレミアム商品券なる物が発売されている。内容は1万円分で1万1千円分の商品券を購入できるというもの。
このプレミアム商品券には有効期限が設定され、指定されたお店でしか使えずつり銭は出ない。

私の住んでいる自治体のプレミアム商品券は、こんな内容だ。
ほとんどの自治体は同じような物だと思う。
はっきり行ってそれほど使える物でもない。

理由としては、おつりが出ないので実質的に10パーセントの割引にならないからだ。
990円の商品を買って商品券500円分と現金で支払ったら5パーセント程度の割引にしかならない。
わずかに節約にはなるが、それで奮発して何かを買う気にはならない。
クレジットカードなどを使えばスーパーで5パーセントオフになる日がある。それとたいして変わらない。

もう一つの理由は使えるお店が少ないということ。
いくつかのスーパーとコンビニそれに、個人商店などで使えるだけ。加盟店の一覧を見てみたがほとんど使えるところがなかった。

有効期限については、3ヶ月から半年ぐらいあれば十分だと思う。

まあ、あまり使えるプレミアム商品券ではないが、一つだけ使い道があったので3万円分だけ購入することにした。
うちは時々クイーンズ伊勢丹で買い物をするのだが、その際、優待券を使うと3千円以上の買い物で10パーセント引きになる。
だが、カード払いはできないという制約があり、今まで現金で支払っていた。
それが一応プレミアムのついている商品券で支払えばお得にはなる。
さらに、日曜朝市だとプラス100ポイントが加算される。
これだとかなりの割引率になるだろう。

結局、プレミアム分プラス、プレミアム商品券の発行手数料は税金が使われるのだからつかわにゃ損。
というか、使っても結果的には損になるのだろうけど。
国も地方も無駄遣いばかりしてどれだけ借金積み上げるのだろうね?
国と地方が節約して、安心して国民に無駄遣いできるような社会システムにすればこんな無駄なことしなくてもいいのにね。

実際にはサブプライム商品券のほうが正しいかもしれない。
posted by ジオ at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

ぐるっとパスでお得

株主優待が好きなだけあって、結構お得なものには目がない。まあ、株主優待にはお得なように見えて実は、ぜんぜん得じゃないものもいっぱいあるから気をつけなければいけないけどね。

お得といえば、まずあげておかなければいけないのが、ぐるっとパスではないだろうか。
東京都歴史文化財団という組織がぐるっとパスを運営しているようだが、どうやって成り立っているのかは分からない。
企業や個人からの支援もあるようだが、やはり税金が使われているのだろう。

ぐるっとパスは、東京都内の美術館や博物館などの施設をたったの2000円で利用することができる。
年毎に違うが、今年は全部で66施設。
内、割引券のみの施設が8つあるので実質58の施設に2000円で入れることになる。
さらに、都営地下鉄か地下鉄メトロの一日乗車券が2枚セットになったぐるっとパスも販売されている。

私は今年で2回目の利用になる。
今年で何年目になるだろうか?
私は2回目の利用なのだが、ものすごいお得なサービスがある。
東京限定ではあるので、地方に住んでいる方にはあまり役に立たないかもしれない。
それは、ぐるっとパスである。

なんと、たったの2000円で都内66の施設の入館ならびに割引ができるサービスなのだ。
割引券だけの施設は8施設だけなので、実質2000円で58の美術館や博物館に入ることができる。

さらに地下鉄メトロや、都営地下鉄の一日乗車券2枚とセットでお得な価格で販売もしているのでそちらもおススメ。
メトロだと通常710円の一日乗車券が2枚ついて2800円で販売されている。
ぐるっとパスと地下鉄の一日乗車券でダブルにお得なのでこれを買わなきゃ損だね。

ぐるっとパスですべての施設を回ったらおそらく2万円以上はするだろうから、ものすごいディスカウント率になる。
利用期限は2ヶ月だから使おうと思えば使えないことはない。
私は前回に引き続き相当の数を回らせていただいた。

普段だったら行かないようなところに出かけて、いろいろな発見ができたりするかもしれないし、芸術に触れて心をリフレッシュするのにも役に立つ。
お得なぐるっとパスを皆さんも利用してみてはいかがでしょう。

ちなみに私のお気に入りの施設はこちらのリンクから見てください。
皆さんのおススメの施設があったら教えてください。

株主優待でぐるっとパスがもらえたらうれしいが、東京限定なので実現はしないだろうね。


posted by ジオ at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

ビックカメラのポイントの使い方

ビックカメラポイントを効率よく使うためにはどうすればいいか・・・?
まず、ポイントの特徴。
ビックカメラで商品購入の際にポイントが付く。
ポイント率は商品によって違う。
酒・書籍などは・・・3%
寝具類は・・・5%
電化製品は・・・10〜20% 時期やキャンペーンでボーナスポイントが付く場合有り。

クレジットカードで購入するとポイント率が低くなるので、現金かでビットカードで買うほうが良い。ビックカメラスイカカードの場合は通常通りのポイントが付くのでおススメ!

ポイントで商品を購入する際はポイントが付かない。
だから、10%のポイントが付く商品をポイントで買ったのではもったいない。

以上の点から、ポイント率が高い商品を買う際は現金またはビックスイカカードで買う。
そして、ポイントが低い商品を買う場合はポイントで買う。
このようにして買うのが効率的になる。

酒や書籍をポイントで買うのが良いという事になるが、酒はディスカウントストアのほうが安い場合が多いし、書籍はコンピューター関連がメインなので専門の人でなければそれほど買う機会が無い。

そこで、お得で効率的にポイントを使うためにはどうすればよいか。
一番のおススメは、広告の数量限定商品を買うことだ。
なぜかと言うと、広告の数量限定商品はギリギリまで値段を下げている場合が多く、ポイントが3パーセントしか付かないことがあるからだ。

だから、普段こつこつとポイントをためて、たまったポイントは広告の商品で使うというのがいい。
posted by ジオ at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

居酒屋のクーポン

この前、久しぶりに居酒屋に行った。
お店に着いたのは8時ぐらい。
店内は混雑し、レジ前の小さなテーブルしか空いていなかった。
そこで食事をしながら気づいた事がある。

ほとんどの客はクーポンを使っていないのだ。
新規オープンで店の入り口に利用人数に応じて1000円・2000円割引になるチラシがある。
それにも関わらず見ている限りでは5組に1組ぐらいしかクーポンを使っていなかった。

ネット限定クーポンや、クーポン雑誌などは、面倒くさいという事はあるかもしれないが、店の入り口に堂々と置いてあるクーポンもあまり使う人がいないという事がわかった。

目の前に1000円が置いてあって、ご自由にお使いください!といっているようなものなのに、使わないなんてもったいない。
1000円が落ちていたら拾うかどうか分からないが、1000円のクーポンがあったら使わない手はないだろう。

今株価が下落して、銘柄によってはものすごいバーゲン状態なのに、それでも手を出そうとする人が少ないというのも似たようなものか。
タグ:クーポン
posted by ジオ at 04:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

稼ぐか使うか、どちらが簡単?

お金を稼ぐ事と、使う事どちらが簡単か?

この問いに関する答えが、金持ちになるか、貧乏人でいるかを分けるのだろう。
私には、まだ使う事の方が簡単だ。

どちらが自分にとって楽しいかで、答えが変わってくるのだろう。
お金を稼ぐ事の方が楽しいと思えば、お金を稼ぐ事の方が簡単だろうし、
お金を使うほうが簡単だと思えば、お金を使う事の方が簡単だろう。

自分が好きな事を仕事にして楽しくしていれば、お金を使うよりも稼ぐ方が簡単になるかもしれない。
posted by ジオ at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月30日

株主優待と確定申告

そういえば、株主優待って税金かかるのか?
と思って色々調べてみた。

どうやら株主優待は雑所得に当たるようだ。
株主優待であっても20万円を超えると、確定申告しなければならない。
株主優待の人気は相変わらずだし、新しく導入する企業も増える傾向にある。

優待の現金換算で20万円越える人なんてザラにいるだろう。
posted by ジオ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

株主優待を手に入れる裏技

株主優待配当金を手に入れる裏技。
これは裏技というよりは一般化しすぎて逆に損することがあるかもしれない方法。
姑息な方法だが、株主優待族にとっては一応知っておいた方がよいかもしれない。

やり方は簡単。
権利確定最終日に現物買いと信用売りを同じ株価で注文すれば良い。
そしてよく営業日の権利落ち日に清算する。
そうすれば株主優待と配当金を価格の変動リスクの影響を受けずに得ることが出来る。
株価が上がろうが下がろうが、買いと売りを同時に出しているわけだからいくらで売買しようがプラスマイナス・ゼロということになる。

これは実に美味しい話だ。
そしてこれが美味しい話だからこそリスクが出てくる。
多くの人がこの方法を取ると、空売りをした際に逆日歩というものがついてしまう。
逆日歩とは貸株残高が融資残高よりも多いときに、株を借りている売り方が支払う品借料のこと。
みんなこの方法で得をしようとして空売りをすると、株主優待と配当をもらうより高くついて損をしてしまうということがある。
株主優待と配当金を合わせて5千円もらえたとしても、逆日歩に1万円を払うということが現実に起きてしまう。
人気の集まる株はもっと大きな損失になることもあり得る。
逆に言えば人気の無い誰もこの裏技を仕掛けないような株に仕込むことが出来れば得になるということ。
時系列情報を見て、賃貸倍率などを利用すれば効率的に株主優待と配当をとって、得するということも可能かもしれません。

やるかやらないかは、正直どっちでも良い裏技というか方法ですね。
これは落ちている小銭を探し回って下ばかり見ており、目の前にあるチャンスを逃してしまうという類の話の気がする。。
もっと良い投資法はいくらでもあるでしょう。
posted by ジオ at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

権利落ち日

そういえば、初めて株を買ったときはマーケットスピードのザラ場を見ながら、どうするどうする買うか止めるか、とりあえず買ってみようか?などと頭の中を迷いの渦になり、心臓バクバク興奮していた。
それから3ヶ月チョイたつが、今ではだいぶ落ち着いて冷静な判断が出来るようになってきた。

とにかく最初は疑問を持つことが多かった。
中でも重要なこと、特に株主優待配当金をもらうために必要になってくるのが権利落ち日だ。
四季報などを見ると権利落ち日というのが載っている。
要はその日付に購入しても権利を取れないよ、ということだ。

例えば配当落ち日もしくは権利落ち日が3/26になっているとする。
株主優待や配当をもらおうとしてその日に購入する。
そうすると、優待や配当が届くのを待っても届かないということになる。
優待や配当が欲しかったら半年か一年先の権利確定日まで待たなきゃいけない。

株は購入したり売却してもすぐに移行されず、4営業日後に受け渡されるようになっている。
なので、株主優待や配当金をもらうためには、権利が確定する日よりも4日以上前に購入しなければいけない。
要は権利落ち日の日付よりも前に買っとけば良いと言う事。
権利落ち日の直前は一般的に株価が高騰しやすいのでちょっと前に買っとくのがいいかもしれない。
タグ:権利落ち日
posted by ジオ at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。