2010年09月11日

シダックスの株主優待

シダックス株主優待は、3月に権利確定をした株主に送付される。
株主優待券は、レストランカラオケシダックスのルーム料金と飲食代金に適用される。
100株で525円分の割引券が5枚。
500株で525円分の割引券が25枚。

配当金は、100株当たり1500円を今のところ実施し続けている。
配当金と株主優待券をあわせると、4125円相当。

株価は、9/10付けで291円
100株29100円から購入可能。

額面換算で14パーセントの利回り
株主優待券をオークションで売った場合でも、10パーセント程度の利回りになる。
株主優待の発行条件を考えると、100株か500株保有するのがおすすめ。

11.3の予想経常利益率は、3.8パーセント。
株主持分比率21.2パーセント。
流動比率85.3パーセント。

配当優待利回り・・・高
業績・・・低
財務・・・低

シダックスの株主優待投資は、利回りが高いが、業績・財務に懸念がある。

優待の指標について
posted by ジオ at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待おすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月10日

20万以上9月権利確定

9月権利確定銘柄のうち、おすすめの銘柄をピックアップ。
20万円以上の銘柄に厳選しおすすめ。
銘柄名優待内容最低購入金額
オリエンタルランド1デーパスポート¥784,000
オートバックスセブン買物割引券¥336,000
カネ美食品グルメ配達便¥267,000
コロワイド飲食券¥240,000
ヤクルト本社自社商品及び野球観戦¥262,400
安楽亭飲食券¥424,000
全日本空輸割引券¥316,000
日清食品ホールディングス自社グループ製品¥308,500
9月は、飲食券銘柄が豊富。
飲食券系の銘柄は、人気で定番の株主優待です。
posted by ジオ at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待おすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

配当プラス金券

クオカードジェフグルメカード株主優待プラス、配当利回りをプラスした高利回り銘柄一覧。
財務状態や利益率などの一定基準を上回る銘柄を厳選。

銘柄名優待内容配当購入額利回り
アグレックス20002600¥78,6005.9%
キング1000900¥23,2008.2%
ソフトクリエイト20003000¥91,1005.5%
テイ・エス テック50002200¥132,9005.4%
岡部10001000¥36,4005.5%
サンヨーハウジング名古屋10003600¥74,6006.2%
住友鋼管2000700¥45,6005.9%
日神不動産20001000¥39,9007.5%
ビジネスブレイン太田昭和2000800¥40,0007.0%

9月3日付けの株価で算出。
ちなみに、これらの銘柄をすべて一単元ずつ持つと、6パーセントの利回りになる。
金券はほとんど現金と同等に考えられるので、比較的財務が良好で6パーセントの利回りになる。
オークションで優待券を売る手間も省ける。
ラベル:一覧
posted by ジオ at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待おすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

タビオの靴下

タビオはお気に入りの銘柄。
今であれば、株価6万程度で、株主優待3000円分、配当3000円分で利回り10パーセント。

業績は停滞しているが、財務状態は良好。
長期投資向きの銘柄といえる。

何より、靴下専門店だけあって、高い技術力を武器に高品質でおしゃれな靴下を販売できることが強みだ。
我が家では、既に靴下屋以外の靴下は無くなった。

ジョギング用の靴下も、ナイキや他のスポーツブランドの靴下よりも性能が良い。
普段履きの靴下もカラーやデザインが豊富。
ダークナイトという映画の中で、ジョーカー役のヒース・レジャーが、タビオの靴下を履いていたことも話題になった。

すべてMade in Japanのため、中国などのアジア生産の靴下と比べて、価格競争力は厳しい。
だが、そういった靴下は、えてして履き心地が悪い。

タビオの靴下は、品質が高い。
長く快適に使えることや、性能の高さを考えれば満足度も高い。

技術力は非常に高いが、マーケティングの力は少し弱いのかもしれない。
これは、日本の企業全般に言えることかもしれないが、いくら技術があっても売れなければ意味が無い。

グローバルに見れば、安くて最低限の品質を具えている商品がシェアを伸ばしている。
安物以外の商品には逆風の状態だが、高い技術プラスアルファで、世界のタビオになってもらいたいものだ。
posted by ジオ at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待おすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

ポイントとは

ポイントの株価が下がり続けている。
ポイント!?何のこと、という人もいるかもしれない。
ポイントとは、ジーナシスやグローバルワークなどのカジュアルブランドを展開するアパレル会社である。

業績は悪くないのだが、下降トレンドに入っているようだ。
苦戦のアパレル業界にあって数少ない勝ち組に入る企業だが、株価の方は今ひとつ。
ユニクロなどを手がけるファーストリテイリングの下落に引っ張られて落ちているのだろうか?

日経平均は、円高になると下落し、円安になると上昇するという展開を見せている。
これは、輸出企業に依存している日本経済が反映された結果。

国内中心の小売業にはそれほど影響がないにもかかわらず、全体の動きに流されて株価は下落している。

好業績なのに、全体につられて下げている企業は今後狙い目かもしれない。
ラベル:ポイント
posted by ジオ at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待おすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月31日

サルバトーレクオモのランチをして

サルバトーレクオモの新宿サブナード店でランチをした。
1200円で、スパゲティー・ピザ・サラダなどが食べ放題で、ドリンクバーつき。

サルバトーレクオモは、オリコンの宅配ピザランキングで顧客満足度1位。

今回初めて利用したが、顧客満足度1位ということもあって11時オープンしてから20〜30分ぐらいでほとんどの席が埋まっていた。

サルバトーレクオモは、ワイズテーブルコーポレーションの子会社である。
ワイズテーブルコーポレーションは、上場していて株主優待も発行している。

今日の株価は87,000円で、株主優待は年2回で計1万円分だから優待利回り10パーセントオーバーである。

だが、業績が悪く無配で財務状態もあまり良くない。

ただ、業績は底打ち感があり、株主優待の利回りも高いので今後狙い目かもしれない。
株価は、今の状態から見るとかなり割高である。
株主優待と、今後の期待で今の株価を維持していると思われるので、株主優待が廃止されれば大きな打撃になる。
株主優待廃止のリスクと、優待利回りのリターンを天秤にかけて仕込みどころを狙って行きたい。

9月10月は、波乱の展開が予想されるし、ワイズテーブルコーポレーションの権利も8月で落ちているのでもしかしたらチャンスがめぐってくるかもしれない。

サルバトーレクオモは、なかなかおいしかった。
客の入りも良かった。

これで、なぜ赤字続きだったのか。
気になったので、少しリサーチしてみた。

まず、親会社のワイズテーブルコーポレーションの売上高は約150億。
このうち、サルバトーレクオモの部分は50億以上であり、成長傾向にある。
営業利益率は5パーセント程度。

ということでサルバトーレクオモ単体では順調だが、グループ全体では低調。
要するに他が足を引っ張っていたということだ。
しかも、ワイズテーブルコーポレーションは、79パーセント保有していたサルバトーレクオモの株式を10パーセント売却している。

財務状態の建て直しを急ぐためだろうが、今後の成長を考えると、1億8千万で売るのは戦略的に間違っているのではないだろうか。
むしろ、100パーセント子会社化して中核事業にすべきではないかと思う。

最近、ゼンショーやココスの株主優待変更があったので、株主優待目当ての投資は少し慎重にならなければいけないと思う。
posted by ジオ at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待おすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

ラウンドワンの株主優待

ラウンドワン、最近仕込んでおいた。9月に株主優待の権利を取るもよし、値上がりでキャピタルゲインを取るもよし。

今の株価で買っとけば長期でもつのもあり。

配当利回りも減配無ければ5パーセントオーバー。

優待利回りは、100株以上で3月9月に500円引き4枚ずつ計8枚。
ラウンドワンを利用するのであれば、4000円分の割引。

株主優待券をオークションで売るのであれば、2000円程度。
配当とあわせれば、10パーセントを超える利回りになる。

こういったのをちょこちょこ仕込んでおけば、大きく負けることは滅多に無くなる。

これが、株主優待投資の醍醐味だろう。
posted by ジオ at 17:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 株主優待おすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

株主優待を得るための指標

投資における重要なポイントは、銘柄選びとタイミングです。
実にシンプルです。
だからこそ、奥が深いのです。

投資の世界は、煩雑な情報であふれています。
シンプルなポイントにだけ焦点を合わせれば、種種雑多の情報に惑わせられることなく資産を運用できます。

ですので、当ブログでの銘柄選びは、利回り・業績・財務だけに絞っています。
指標は、経常利益率・株主持分比率・流動比率の3指標だけをチェックしています。
他にも指標はたくさんあります。
ですが、指標の役目は、あくまでも会社の状態をざっくり知る程度。
細かく知ったところでたいした成果は得られません。

優待配当利回りは、投稿時点の数値なので変動に注意。
利回りは、人気・業績・安全性で決まる傾向がある
極端に高い利回りであれば、人気・業績・安全性すべてが悪い可能性が高い。
逆に低い利回りであれば、人気・業績・安全性がすべて良い可能性が高い。

経常利益率は、今期末の予想数値を掲載
企業は利益がなければ存続できませんので、この数値は重要です。
他社と比較すれば、営業力や市場シェア、安定性などを分析することができる。

株主持分比率と流動比率は、企業の安全性を見る数値。
株は倒産したら無価値になるので、注視する。
株主持分比率の目安は50パーセント以上が健全とされる
流動比率は、120パーセント以上が健全とされる
ただ、この数値は業界や企業の姿勢によってかなり左右される。
当面の倒産リスクがあるかどうかを、チェックできれば良い

株主優待投資をするのであれば、このような指標を見ればある程度の安全性が分かる。
銘柄選びは、サルがダーツを投げて当たった銘柄を買っても、プロが厳選した銘柄を選んでもあまりリターンは変わらないというからリスクだけを考慮して選べば十分ではないかと思う。

投資で一番難しいのは、タイミング。
重要なニュースや指標はあるが、複雑系で動いているので判断が難しい。
しいて言えるのは、エコノミストのいい加減な情報に耳を貸さないことと、タイミングとポジションの分散をすること

そうすれば、株主優待投資で高い利回りを得られるかもしれない。

みなさんの応援!に感謝し、幸運を祈っております。
ラベル:投資 株主優待
posted by ジオ at 08:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 株主優待おすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

アフィリエイト

アフィリエイトでお小遣い稼ぎをするなら
A8.net
セルフバックで、実質無料で利用できる商品もたくさんある。

株主優待と同じぐらいお得な者がいくつも或る。

ちなみに、A8はファンコミュニケーションズという上場会社が運営している。
posted by ジオ at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待おすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

貸株でも長期保有特典は受けられるか

ビックカメラ株主優待が届いた。
今年で2年目だが、貸し株をしていたので長期優待は取れないと思っていた。

ところが、通常の株主優待にプラス長期保有特典の分もついていた。
どうやら、長期優待は貸株をしていても取れるようだ。

途中いろいろな人に株を貸していても、権利の日さえ続けて持っていれば大丈夫ということだろうか?
他の長期優待銘柄も貸し株をしていて大丈夫かどうかは分からない。

おそらくは、貸し株をしていても長期保有特典を受けられるのだろうが念のため長期保有特典のある株主優待は貸し株を解除しておこう。

一株だけだし、たいした金利が付くわけでもないので、よく分からずに心配するよりは貸し株をしないほうがいいだろう。

貸し株の金利も、最初は0.5パーセントだったと思ったが、今では0.4パーセントに下がっている。
特定の銘柄は1パーセントということもあったが、今はなくなったようだ。

貸し株は貸出先の証券が潰れたら保証されないのである程度のリスクがある。
それに対して0.4パーセントの金利では、あまりメリットはない。

最近の日本の政治や経済状況を見ていると、破綻する証券会社が出てもおかしく無いとさえ感じる。
ちょっとやばそうだと思ったら、すぐに貸し株は止めるようにしよう。
posted by ジオ at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待おすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

コシダカの株主優待

コシダカから株主優待が届いた。
20000円分がオークションだと8000円程度の相場。
ここの株価が50000円台まで下がったのだから、株価の値動きは分からない。

とりあえず届いた優待は、できる限り一度は使ってみようと思っているので、早速今日行って見た。
ここの特徴は、地方部への射抜き出店だから都内には基本的に店舗がない。
なので、埼玉の店舗へ向かった。
電車で行ったのだが、駅から徒歩で15分ほどかかる。

コシダカのカラオケまねき猫を利用する人は、ほとんど車を使う人だろう。
電車、自転車、徒歩がメインの移動手段の私にとっては、優待券を使い切るのは厳しいかもしれない。

店舗に着くと、やはり射抜き物件ということで古い建物に、まねき猫の目立つ装飾がされている。
店員の対応は丁寧であり、特に問題はない。
部屋の内装やグレードは、シダックスビックエコーと比べるとかなり劣る感じだ。
だが、料金が安く、持込OKだから、不況の中のささやかな楽しみとして人気があり、売り上げが伸びているのだろう。
まねき猫は、初回利用時に200円かかるが、それも優待で支払えたのでよかった。

浅草にカラオケ居酒屋というものがあるらしいから、今度はそっちにも行ってみよう。
posted by ジオ at 19:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 株主優待おすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

パルコの優待

あつ、パルコの優待変わってたんだ。
前の優待は1.000株以上持たなければメリットがなかった。
だが、21/02からの変更で100株以上で年間4枚の映画チケットがもらえるようになっていた。

パルコ系以外にも、東京テアトル、ユナイテッド・シネマでも利用できる。
そういえば、去年、一昨年あたりにパルコをチェックしたときはスルーしていた。
ところが、今回は最近の下落で値ごろ感があったので食指を伸ばしてみた。

さらに、優待カードでいつでも5パーセントオフで買い物ができる。
PARCOカード・クラスSと一緒なので、いつでもパルコ内で特典が受けられる。
例えば、100円ショップやレストラン、スーパーなどでも使えるということだ。

近くに店舗がある人にとっては、魅力的な株主優待ではないだろうか?
何で、もっと早く買ってなかったのだろうか?と思ったが、優待内容が変わってたから、前は買わなかったんだ。
株価的には相当下がっていたときにも見ていたのだが、それは結果論だから仕方がない。
映画のチケットが続けば、長期で持っておきたい銘柄の一つだ。
posted by ジオ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待おすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

三光マーケッティングフーズの株主優待券

終電前にちょっくら、飲もうと思って電撃ホルモン酒場に行ってきた。
普段はタバコの煙が嫌いなので居酒屋はあまり行かないのだが、オープン記念でもつ鍋と生ビールが半額に惹かれてしまった。

三光マーケッティングフーズの株も優待目当てで最近買った。
ここの優待のすごいところは、ホットペッパーなどのクーポン券と株主優待券の併用が出来ること。
うまく使えばものすごく安くお酒が飲めるわけだ。

例えば、今日2人で電撃ホルモン酒場に行ったが、鍋と生ビール数杯、それにつまみを少し頼んでたったの3000円。
そこから、クーポンで1000円引き。
そして、2000円を株主優待券で払う。

たまにしか飲まないので、三光マーケッティングフーズの株さえ持っていれば、飲み代は浮かす事が出来る。
2人で二株ずつもてれば、年間24000円分使える。
posted by ジオ at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待おすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。