2013年02月03日

円安の先に

米ドル円の為替相場が90円を超え、今日現在92円。

アベノミクスによる金融緩和政策で数ヶ月前から10円以上円安に動いている。
果たして、円安は日本経済にとってプラスなのかマイナスなのか?

答えはどちらともいえない。

まず、日本の貿易は輸出入の割合がバランスが取れている。
なので、円安になれば輸出業の利益が改善するが、輸入業にとってはコストが高くなり商品に価格転嫁できない限り利益が悪化する。

なので全体としてはプラマイゼロになるということが、基本的にはいえる。

だが、あまり極端な円安に傾くと、大問題になる可能性もある。
たとえば、日本の財政状況は借金漬けで相当危機的な状況にある。

そこに、円安により貿易赤字が拡大すれば、一気に日本の信用が落ち、国債が売られ大暴落ということにもなりかねない。
そうしたらハイパーインフレになり日本円は紙くずの如しというわけだ。

そうならなくても、基本的に景気は回復せずに悪化し、物価は上がりスタグフレーションになる。
そうしたら国民の暮らしはひどくなる。

先日のニュースでは国民の平均給与が32万円程度という発表があった。
このまま下がり続け給与は20万円台、物価は数十パーセントアップなんてことになったら、どうなるんでしょう?

posted by ジオ at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月02日

含み益でも

日経平均もいつのまにか、11000円を円を越えてきた。ちょっと前から保有していた人であれば含み益もできてウハウハでしょう。

だがここから、本格的に上昇していくかといえば疑問である。

一言でいえば、アベノミクスで日本経済が回復する見込みがないからだ。

ただ円安で外国人が日本買いしやすいのも事実だし、個人投資家が熱を帯びてるのも事実。
posted by ジオ at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

日経平均の回復基調

選挙結果が影響しているのか?

それともボーナスが出たからか?

ともかく日経平均が久しぶりに上昇を見せている。

もう明日にも1万円を超えるのか、というところまで来ている。
為替も円安基調が続いているし、このままもうしばらく行くような気がする。

posted by ジオ at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

エステ



posted by ジオ at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

ノバレーゼとポーラ・オルビス

友人がノバレーゼポーラ・オルビスHDのIR説明会に行ってきた。

抽選で当たったらしい。
倍率はわからない。

会場はノバレーゼが運営する銀座のシャリバー。
何度か行ったことがあるが、なかなかおしゃれなお店。

そして、IR説明会に参加すると、シャリバーの食事とポーラ・オルビスのお土産がもらえる。
イベントでは、ノバレーゼの女性社員にポーラ・オルビスの化粧を施すシーンもあったとか。

異業種のコラボによるIR説明会というのもなかなか面白い発想だと思う。

厳しい競争の時代なので、いろんなところが手を組み合って新しいサービスなどが生まれるといいと思う。
posted by ジオ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。